和恒会とは

グループ概要

PROFILE

  1. トップページ
  2. 和恒会とは
  3. グループ概要

理念

科学と倫理と心の融合

科学的根拠に基づく医療・介護・障がい福祉サービス倫理観に裏打ちされ将来を見通す公明正大な経営
そして、なによりも、これまで培ってきた「和やかな心」が融合するとき、
真の和恒会が生まれる。

基本方針

  • 01

    安信(安全と信頼)して頂ける医療・介護・障がい福祉サービスの一体的提供

  • 02

    患者さん、利用者さん、そして、そのご家族を中心とした心の通った自立支援

  • 03

    生活・活動拠点となる諸施設の整備・充実

  • 04

    施設間、施設と地域間の密接な連携と
    信頼関係構築

  • 05

    人材の確保と教育・研究体制の充実

  • 06

    職員の健康増進と働き方改革の推進

  • 07

    雇用の確保

組織図

※2022.03.16改定

沿革

  • 昭和36

    4月

    早川伴和が早川病院を開設する

  • 昭和58

    2月

    森川龍一が院長に就任する

  • 昭和63

    4月

    208床に増床する

  • 平成6

    11月

    医療法人社団和恒会に改称し、森川龍一が理事長に
    就任する

    地鎮祭(平成6年6月)

  • 平成7

    6月

    早川浩が院長に就任する

  • 平成9

    4月

    和恒会建設、
    介護老人保健施設パナケイアを併設する

    和恒会建設直後(平成9年4月)

    5月

    精神科療養病棟、精神科デイケアを設置する

    6月

    訪問看護ステーションふたばを併設する

    8月

    老人性認知症疾患治療病棟を設置する

    11月

    精神科デイナイトケアを設置する

    和恒会空撮(平成9年12月)

  • 平成10

    6月

    在宅介護支援センターふたばを併設、
    ホームヘルプサービスを開始する

  • 平成11

    4月

    精神科作業療法を開始する

  • 平成12

    4月

    居宅介護支援事業所ふたば、
    訪問介護事業所ふたばを併設する

  • 平成13

    4月

    精神障害者生活訓練施設、
    地域生活支援センターを併設する
    認知症対応型共同生活介護事業所を併設する

  • 平成15

    8月

    ふたば居宅介護支援事業所宮原、
    ふたば訪問介護事業所宮原を開始する

  • 平成17

    3月

    織田一衛が院長に就任する

    9月

    重度認知症患者デイケアを設置する

  • 平成18

    4月

    短期入所生活介護事業所 ふたばの里、
    呉市川尻・安浦地域包括支援センター、
    ふたば保育所を開設する

  • 平成20

    12月

    認知症対応型通所介護事業 ふたばの集い、
    小規模多機能型居宅介護事業 ふたばセンター、
    認知症対応型共同生活介護事業 ふたばホーム、
    高齢者専用賃貸住宅 ふたばハイツ、
    ふたば訪問介護事業所 白石 を開設する

  • 平成21

    9月

    通所介護 ふたばの憩いを開設する

  • 平成22

    3月

    特定施設入居者生活介護 ふたばハイツを開設する

  • 平成23

    12月

    サービス付き高齢者向け住宅 ふたばハイツⅡを開設する

  • 平成24

    4月

    共同生活援助・共同生活介護 ふたばの朝を開設する

    12月

    織田一衛が理事長に就任する

  • 平成25

    2月

    広島県認知症疾患医療センター -呉市・江田島市-
    に指定される、センター長に髙見浩が就任する

  • 平成26

    5月

    電子カルテ(alpha)が稼働する

  • 平成27

    1月

    髙見浩が院長に就任する
    広島県認知症疾患医療センター -呉市・江田島市-
    のセンター長に西山聡が就任する

    2月

    持ち分なしの医療法人へ移行

  • 平成28

    2月

    ふたば病院 日本医療機能評価機構の認定

    4月

    共同生活援助さくらんぼを開設する

    8月

    広島県認知症疾患医療センター -呉市・江田島市-
    のセンター長に小鶴俊郎が就任する

  • 平成29

    10月

    介護老人保健施設パナケイア施設長に石井孝二が
    就任する

  • 平成30

    10月

    ふたば病院6病棟 精神科療養病棟(54床)から
    地域移行機能強化病棟(54床)へ移行する

    12月

    ふたばの憩い 地域密着型通所介護(定員15名)から
    通所介護(定員30名)へ変更する

  • 令和元年

    9月

    ふたば病院
    医療法上 許可病床数変更 208床 → 197床

  • 令和2

    4月

    ふたば病院名誉院長に坂尾良一が就任する

    10月

    ふたば病院
    医療法上 許可病床数変更 197床 → 186床

  • 令和3

    4月

    ふたば病院 日本機能評価機構認定の認定更新
    (評価項目 3rdG:Ver.2.0)

  • 令和4

    4月

    こころのクリニックこかげ開院

地鎮祭(平成6年6月)

和恒会建設直後(平成9年4月)

和恒会空撮(平成9年12月)

こころのクリニックこかげ開院
(令和4年4月9日)

行動計画

  • 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

    職員が仕事と子育てを両立することができ、職員全員が働き
    やすい環境を作ることにより、すべての職員がその能力を
    十分に発揮できるようにするため、次のとおり行動計画を
    策定します。

  • 女性活躍推進法に基づく行動計画

    この計画は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する
    法律」に基づき、女性が職業生活において、十分に能力を
    発揮し、活躍できる環境を整備するために策定したものです。

ICT化の取り組み

  • 見守りセンサー

    入所者の状況をリアルタイムで確認・把握
    することで、より効率的に対応することが
    出来ます。

  • 離床センサー

    入所者の離床動作をベッドに内蔵されて
    いるセンサーが検知し、
    ナースステーションへ通知します。

  • 移乗サポートロボット

    1人で移動することが困難な方の移乗を
    サポートするロボットです。ベッドから
    車椅子、車椅子からお手洗いなどの移乗
    介助・立位保持を行います。

  • 介護カルテシステム

    ケアの記録や財務などをICT化。タブレット
    での情報入力だけでなく、音声入力にも
    対応しているので情報共有が容易となり、
    連携強化に繋がっています。

  • SECURITY ACTION

    セキュリティ対策について、二つ星を宣言
    しました。